地獄でございました
d0099512_22212044.jpg京都に戻ってきました。無事「地獄でございます」も終了です。前日のブログに「尾方が締めます」と連呼されているので、少しプレッシャーを感じています。
東京公演に出発する時にはおかしな布に覆われていた京都タワーも、もうそれも取れてすっかりきれいになっていました。1ヶ月の時の流れを感じます。

本日は事務所にてトラックの荷下ろし。遅刻者約1名(O村さん)。ま、名古屋まで行っていなかったようなので安心しました。狭い路地に大きなトラックが入ってきて、通行の邪魔にならないよう慌てて荷物を下ろしました。ちょっとした引っ越しです。そして衣裳の洗濯やら荷物の整理やらを終えて、今後のスケジュールの確認をしました。今後のスケジュールとは……、そう我々はニューヨークへ行くのです。「その鉄塔に男たちはいるという」という戯曲がまさに今ニューヨークで上演されているのです。我々もそのワンシーンを日本語バージョンとして演じることになっています。長い本番が終わったばかりなのに、また台詞を覚えなければなりません。ちょっとした歌も歌わなければなりません。大丈夫なのでしょうか?休憩がてら6年前のビデオを見て再確認です。6年前とはいえ、みんなかなり若いです。今よりも動きが機敏です。台詞も怒濤のように喋っています。みな驚きを隠せません。大丈夫なのでしょうか?不安に包まれた空気のまま解散です。いやいやきっと大丈夫なはずです。


d0099512_22353329.jpgそういえば北九州公演の楽日は照明の福山和歌子さんのお誕生日でした。残念ながらここでは年齢を公表することは出来ません。奥村さんのセクハラにもめげずに、男ばかりの僕たちの癒しのマドンナとなっていただいて、とても感謝しています。そんな和歌子姉さんの持っているケーキにはなぜか「17」という数字がささっています。和歌子姉さんはしきりに「永遠の17歳」とおっしゃっていました。誰も否定しませんのでそんなに連呼されなくても…和歌子姉さん…。素敵な光をありがとうございました。そして17歳、おめでとうございました、和歌子姉さん。


さて、今日が最終回です。せっかくなので、もうネタバレOKということで、土田さん作のちょっと手の込んだ小道具を紹介しましょう。

d0099512_23255.jpgd0099512_2321671.jpgd0099512_2322836.jpg


地獄ビール(写真左)。ロビーの冷蔵庫に置かれているビール。もともとの缶はCCレモンです。上の方にちょこっと「SUNTORY」と見えます。ロゴマークは閻魔様。かなりの人気でいろんな人に記念にお渡しさせていただきました。このラベルを貼る作業、本郷さん(制作)が妙にうまいのです。

告知〜その1(写真中)。途中、掲示版に獄卒によって張り出された告知。「各位におかれましては、すでにお気付きのことかと存じますが、ここはサウナではありません。地獄でございます。生前の皆様の行いにより、……(中略)空き缶などは各自で処分してくださるようお願い申し上げます……(以下略)」と書かれてあります。

告知〜その2(写真右)。同じく、獄卒による告知。「皆様におかれましてはこの等活フロアでの滞在を楽しんでいることと存じます。施錠され閉まったままであった通路の扉ですが、この度一名に限り通行可とさせていただく運びとなりました。どなたが出られるのか、熟考の上協議下さいますよう……(中略)空き缶などは各自で処分してくださるよう重ねてお願い申し上げます……(以下略)」と書かれてあります。

土田さんはこういうものに凝りだしたらとことんやるタイプです。僕の台本の表紙もそうですが、過去の芝居でもオリジナルのTシャツなどいろいろ作ってもらいました。ロンドンのジャージは残念ながら既成のものですが……。


おっと、長くなってしまいましたね。やっとブログから解放される安堵感とともに、やはり名残惜しいのかもしれません。しかし、終わりは始まり。もうみんな次へと向かって行かなければなりません。3ヶ月間という短い間でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。たくさんいただいたコメントも大変励みになりました。ではでは、また劇場か、MONOのホームページかでお会いしましょう。本当にありがとうございました。さようなら。……「さようなら」という言葉は「そういわなければならないのなら、そのようなら、さようなら、お別れします、したくないけど、……。」という意味のある、美しい日本語なんですね。…うん、さようなら。

担当/尾方
d0099512_23505863.gif
[PR]
# by mono-34 | 2007-03-13 00:03 | 劇場外日記
戻って来て。
 尾方君から今日の本番前にブログを頼まれました。
 あ、最後は尾方君がちゃんと締めてくれるようなのでご心配なく。

 全ての公演が終了したので、京都へ戻って来ました。今回は各地で本当にたくさんお客さんが来てくれました。感謝しています。2月8日から一ヶ月間ずっと本番をしていたことになります。さて終ったので書けるのですが……今回はオープニングシーンは皆が裸で登場します。だから本番前は皆裸で袖に待機しています。最初の公演の地、東京の時は皆、前を隠し気味にして「よろしくお願いします」などと小声で言い合っていたのですが、大阪ではやや大胆になり……長久手では尾方が裸で腹筋をし始め、以下、岡山、福岡と回るに連れて誰も隠さなくなりました。北九州ではむしろ誇示するかのようなポーズでお辞儀をし合ったものです。
 
 ただ一人、奥村だけは前を隠す細工をしていました。
 もちろん全員、見えないようになっているのですが、奥村がやった成田という役は……「特別に何かが大きい」という設定だったので万が一見えてしまうといけないという配慮からテーピングをしていたのです。だから楽屋では彼は大変でした。毎日、その細工をし、するとトイレにもいけず困っていました。
 北九州で私は彼と同じ楽屋だったので「本番前の彼」を撮ることが出来ました。
 その写真を載せて私の担当を終りたいと思います。

d0099512_1504611.jpg



担当/土田

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-12 01:51 | 劇場日記
記念写真
今日も公演を終了し、いつもの様に次の地へ移動……と思ったら京都に帰ってきました。
すべて終了したようです。

最終ステージ直前、今回のツアーで一緒に旅したメンバーで記念撮影をいたしました。

d0099512_142767.jpg

※上段左より、本郷麻衣さん(制作)・奥村朋代さん(音響操作)・堂岡俊弘さん(音響)・葛西健一さん(照明操作)・柴田隆弘さん(舞台美術)・中村貴彦さん(舞台監督)・福山和歌子さん(照明) 下段左より、垣脇純子・金替康博・奥村泰彦・水沼健・土田英生・尾方宣久/撮影:北九州芸術劇場の吉永さん

長旅におつきあいいただいたスタッフの皆さん、この場を借りてお礼申し上げます。
そしてこのメンバーを快く受け入れてくださった各劇場の皆さま、各地でお手伝いいただいた皆さま、そしてもちろん、各地で劇場に足を運んでいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

このブログも、残すところあとわずか…しめはもちろんブログリーダー、もしくはマスター、なんならバリスタの尾方氏にお任せするといたします。

担当/垣脇

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-12 01:27 | 劇場日記
奥村泰彦のお悩み相談室〜その3
仕事にプライベートに、そしてブログに、とても自由人な奥村泰彦。
人気コーナーのこの「お悩み相談室」もとうとう最終回です。長かった今回の公演を終えて土田さんからこんなお悩みが届きました。


d0099512_23253324.gif演出を担当しているのですが、言うことをきかない役者がいて困っています。
何かいい方法はありませんか?



d0099512_23265773.gifだって人間だもの。   やすを


<補足>
……うーん、最後にしてまたこんなコメントなんですね。どういうつもりなんでしょうね?私には分かりません。そして土田さんのお悩みには私も回答を見つけられません。土田さんがやっているように、褒めて褒めて、おだてて、モチベーションを上げさせて、それからダメだしをするのは決して間違ってはいないと思います。が、それではかなり土田さんが心労を重ねてしまいますよね。難しいですが、彼のいい面を自分の中で過大評価して、悪い面をあまり見ないように頑張るしかないのかもしれません。ま、私なんかより土田さんの方が付き合いも長いですし、一緒に遊んだり、長電話したり、仲の良かった時期もあったようなので、これからも諦めずに細く長く仲良くしていって下さい。

ん?…奥村さんからまだメッセージがありました。


d0099512_23265773.gifえー、どうやらこれが私の最終回のようです。いままでお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。心地よいコメントを沢山いただけてうれしかったです。尾方と土田さんは「思うようにならん!」と、なぜかくやしがってましたが。
また次回公演でお会いできることを楽しみにしてます。それでは、ごきげんよう。



ホント、自由人ですね…。
帰りの新幹線で、京都駅で奥村さんの姿を見かけなかったのが少し心配です。
名古屋まで乗り過ごしてなければいいのですが…。

編集/尾方

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-11 23:48 | その他
旅先
北九州はこれで劇団としては4回目の公演になる…はずだ…と思う…おそらく!!!そしてこのまえの「錦鯉」で10日以上いたので、もうすっかり詳しくなった。きょうはその「錦鯉」のときに知ったなべ屋で打ち上げ的な鍋をたべました。北九州芸術劇場さんからもたくさん参加していただき、大いに舌鼓を打ちました。旅先ではやはり私たちのような小規模の劇団は手伝っていただく人がいなければ舞台も組めないので、ほんとうにありがたい。北九州芸術劇場さんのみならずこれまでの公演にかかわっていただいたみなさま、ありがとうございました。今日でやっと終わるようです。ほんとうに長い公演でした。またよろしくおねがいします。

担当/水沼

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-11 09:28 | 劇場日記
最後の地
d0099512_11144457.jpg
ついに最後の地、北九州です。東京に行ったのは遠い昔な気がします。たしか二月の初め頃だったと思います。あの頃に比べると芝居が変わった気すらします。しかしマイナーチェンジの連続で、どのように変わったのかすら判然としません。判然としないまま、舞台を建てるのだけが速くなっていきます。
さあ、最後の地「北九州」です。舞台も建ちました。後は、判然とするようやるだけです。

担当/金替

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-10 11:13 | 劇場日記
福岡→北九州
本日は移動日。
昼過ぎからトラックに積み込みをした後に、それぞれで移動です。
今回のツアーもこの小倉でとうとう最後。ツアーの始まった東京公演からはもう1ヶ月以上経過しているのですね、早いものです。そして明日はなんと6回目の仕込み!舞台セットもちょっとギシギシとお疲れのようです。残り2ステージ、悔いのないようがんばります。

d0099512_20412352.jpg鏡前のお気に入りの小物紹介、最後はこの人、奥村さん。彼が本番前に愛用しているのはイソジンのうがい薬。「ガラガラガラ」「オエオエペッ」という奇声が洗面台からいつも聞こえてきます。そしてその後に洗面台に行くとイソジンの茶色い液がドバッと散らばっています。…がまん、がまんです。

担当/尾方

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-08 20:51 | 劇場外日記
福岡公演終了
おかげさまで、福岡公演、無事終了致しました。
ここ福岡でも地元の方々の熱烈なバックアップのおかげでとてもいい公演をすることができました。本当にありがとうございました。

福岡公演楽日の昨日は本番が19時からということで、劇場には夕方から入ることになっていました。今回の旅公演の中でいちばんスケジュール的にゆっくりできるのがこの福岡公演の期間、また初めての福岡公演ということもあってみんな結構いろんな観光やおいしいものを楽しみにしていた様子。そんな中メンバーはどんな行動をとっていたのか訊いてみました。

土田〜地元のラジオの生放送に出演。その後ホテルに戻り仕事を済ませてお昼寝。
水沼〜ホテルの部屋でのんびり。お昼ごはんを外に食べにいく。
奥村〜ホテルで舞台美術の仕事。
金替〜博多港、マリンタワーなどを観光。皿うどんを食べる。

結構仕事をやっている人もいたようですね。ご苦労様です。
僕は劇場近くのキャナルシティーをうろうろしていました。そこでばったり会ったのが照明の葛西くん。前の日記にも書いた通り、かなり精力的に観光をこなすレクリエーション男です。今日も大濠公園、美術館、福岡タワー、福岡ドーム、そしてキャナルシティーのラーメンスタジアム、とかなりのハードスケジュールをこなしたみたいです。僕と会った時には噴水ショーを熱心に眺めていました。明日からの小倉では彼は何を楽しむつもりなのか、楽しみです。

担当/尾方

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-08 09:25 | 劇場日記
もつ鍋……
 どうやら昨日、皆はもつ鍋を楽しんだようだ。
 私は別の用事があって昨日は東京にいた。そして今日の朝、飛行機で福岡に入った。従ってもつ鍋には参加出来なかった。
 更にいなかったせいで楽屋の鏡前(メイクをする所)がいい場所ではなかった。皆、いい場所から取って行くのでいなかった私は環境が悪くても仕方ない。
 金替、水沼、奥村の前には鏡がある。
 尾方はなぜか鏡のない所を取っていた。
 私は……なぜか横に鏡がある。
 だからメイクを横向きになってしなければならない。これは中々難しい。しかし尾方と比較すれば鏡があるだけマシ……だと思ったのが間違いだった。
 どうして尾方は鏡のない場所を選んだのか?
 私の場所を占領したっていいはずではないか。
 答えは簡単だ。
 私の鏡前は鏡が横についている上に……奥村の隣だからだ。
 奴のとなりになると大変だ。荷物はまるで露店のように浸食してくる。尾方は横向き鏡よりも奥村と離れた静かな環境を選んだのだと思う。
 
  今日は福岡公演の1日目が無事に終了。
 私は終った後に友達とご飯を食べた。
 ……もつ鍋屋に行った。
 これでもつ鍋は取り返した。
 さて明日は福岡の2日目。終れば次は北九州。
 長く続いて来たツアーも終わりを迎える。悔いの残らないよう、いい芝居をしたいものだ。

d0099512_925663.jpg 
 


担当/土田

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-07 02:20 | 劇場日記
奥村泰彦のお悩み相談室〜その2
初回の反響を受けて、いよいよ第2回です。「科学のことなら俺に訊け!」「ブログは面白いこと書かなあかんやろ!」と豪語する奥村さん。今日は金替さんからこんなお悩みが届きました。


d0099512_8515398.gif本番前、おしっこがしたくて仕方ありません。
普段はそういうことはないのですが。どうすればいいですか?


d0099512_8534964.gifその答えはボクシーに直接話したので、ここでは省略します。どうしても知りたい方は「ぜんじろう先生」に聞いてみて下さい。きっと分かりやすく答えてくれます。ちなみに今回私は、諸事情により本番前にオシッコできません。したい時にできない、これはツライもんですね。ところで、皆さんはお気づきでしょうが、「ぜんじろう先生」は尾方です。なぜ「でんじろう」ではなく「ぜんじろう」なのかは恥ずかしくて言えません。ちなみに尾方にはあと2つ恥ずかしいニックネームがあります。それは£%#※と*§☆¢です。……私は尾方のパソコンを通してブログを書いてるので、尾方の検閲が入ってしまう。皆さんにお伝えできないのがひじょうに残念です…。

<補足>
普段は特に頻尿ではないということですよね。やはりその「本番前」という状況が尿意を催させていると考えられます。つまり本番前で緊張しているということですね。普段は膀胱に尿がたまると大脳に信号が送られて尿意を催すことになるみたいです。それが緊張すると逆に大脳から膀胱に信号が送られて尿意を感じるようです。ま、緊張をほぐす効果はあるらしいので我慢せずにトイレに行った方がいいと思います。対策としては普段の緊張していないときに尿意を催しても我慢する練習をして、実際に緊張したときにも気持ちの問題だからと考えられるようにすることですかね…、腹式呼吸などをして緊張を解くのもいいらしいです。

…奥村さん、たくさんツッコまなければならないようですが、今回は放置させていただきます。

編集/尾方

[PR]
# by mono-34 | 2007-03-06 09:13 | その他


稽古場でございます。
by mono-34
はじめに
MONO第34回公演「地獄でございます」の稽古から本番までの模様をお届けします。




カテゴリ
お知らせ
稽古場日記
稽古場外日記
劇場日記
劇場外日記
その他
以前の記事
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧